FC2ブログ
一陣の神風が舞う
東北弁炸裂するショボプログラマの日々(´・ω・`)
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apache2.2と任意のアプリサーバを連携する

Apache2.2とSun Java System Application Server 9.0(以下、AppServ9)のプロキシ転送をやった時のメモ。

AppServ9は、最初から入っているドメインのリスナーがTOMCATと同じ8080で、 インストール直後だと

http://localhost:8080/
または、ドメイン名で
http://www.exsample.com:8080/
こんなカンジにアクセスできます。

これを、Apacheの設定により
http://localhost/ap/
http://www.exsample.com/ap/
でアクセスできるようにします。


proxy_moduleとproxy_http_module を使えるようにする


(Apacheインスコ場所)\conf\httpd.conf を開いて、次の項目のコメントアウトを外します
99行目付近の
#LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
103行目付近の
#LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so の `#` を外す。

連携設定ファイルを作成する


どこでもいいけどテキストファイルを作成します。
ここではとりあえず、(Apacheインスコ場所)\conf\proxy-app-serv.conf ってのを作ります。

その中にVirtualHost設定を書きます。
NameVirtualHost *:80
<VirtualHost *:80>
  ServerAdmin example@exsample.com
  ServerName www.exsample.com:80

  ProxyPass /ap/ http://localhost:8080/
  ProxyPassReverse /ap/ http://localhost:8080/

  ProxyPass /ap2/ http://localhost:8101/
  ProxyPassReverse /ap2/ http://localhost:8101/
</VirtualHost>

尚、連携するサーバが複数の時は、青字の箇所のように[ProxyPass][ProxyPassReverse]の対を増やします。
終わったら設定ファイルを httpd.conf に取り込みます。
(ここでは末尾に追加しました)
#
# 外部アプリケーションサーバ連携用設定取り込み
#
Include conf/proxy-app-serv.conf

終わったらApacheを再起動。

|・x・)< 以上

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ciablo.blog70.fc2.com/tb.php/71-efd2955f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Mahny

Author:Mahny
趣味PG派生の職業PG(+SE?)。頭のデキはきっと残念ω

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。